生命の言葉 一覧

生命(いのち)の言葉

神社は心のふるさと 未来に受け継ごう 「美(うるわ)しい国ぶり」

 

令和元年十一月【上皇陛下】
父君の にひなめまつり
しのびつつ 我がおほにへの
まつり行なふ
 
【上皇陛下】
第百二十五代天皇
【ご誕生】昭和八年十二月二十三日
【ご称号】継宮(つぐのみや)
【お印】榮(えい)
【譲位】平成三十一年四月三十日
令和元年十月【本居宣長】
高御座(たかみくら) 天(あま)つ日嗣(ひつぎ)と
日の御子の 受け伝へます
道は斯の道
 
【本居宣長】
江戸時代の国学者。源氏物語、古事記など古典文学の注釈や漢字音、文法などの国語学的研究にすぐれた業績を残した。また復古思想を説いて儒教を排し、国学の思想的基礎を固めた。国学四大人の一人。
令和元年九月【上皇陛下】
夕やみの せまる田に入り
稔りたる 稲の根本に
鎌をあてがふ
 
【上皇陛下】
第百二十五代天皇
【ご誕生】昭和八年十二月二十三日
【ご称号】継宮(つぐのみや)
【お印】榮(えい)
【譲位】平成三十一年四月三十日
令和元年八月【昭憲皇太后】
日にみたび 身をかへりみし
古(いにしへ)の 人のこころに
ならひてしがな
 
【昭憲皇太后(しょうけんこうたいごう】
明治天皇の皇后
【ご誕生】嘉永二年四月十七日
【お印】若葉(わかば)
【ご陵所】伏見桃山東陵
令和元年七月【明治天皇】
白雲の よそに求むな
世の人の まことの道ぞ
しきしまの道
 
【明治天皇】
第百二十二代天皇
【ご誕生】嘉永五年九月二十二日
【ご称号】祐宮(さちのみや)
【お印】永(えい)
【ご陵所】伏見桃山陵
令和元年六月【昭和天皇】
さしのぼる 朝日の光
へだてなく 世を照らさむぞ
我がねがひなる
 
【昭和天皇】
第百二十四代天皇
【ご誕生】明治三十四年四月二十九日
【ご称号】迪宮(みちのみや)
【お印】若竹(わかたけ)
【ご陵所】武蔵野陵
令和元年五月【天照大御神(あまてらすおほみかみ)】
天壌無窮(てんじょうむきゅう)
 
【天壌無窮の神勅】
皇孫(すめみま)に勅(みことのり)して曰(のたま)はく、「豊葦原(とよあしはら)の千五百秋(ちいほあき)の瑞穂(みづほ)の國(くに)は、是(これ)、吾(あ)が子孫(うみのこ)の王(きみ)たる可(べ)き地(くに)なり。宜しく爾皇孫(いましすめみま)、就(ゆ)きて治(しら)せ。行矣(さきくませ)、宝祚(あまつひつぎ)の隆(さか)えまさむこと、当(まさ)に天壌(あめつち)と窮(きはま)り無(な)かるべし」

【口語訳】
天照大御神が瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)に勅して申されるには、「豊かで瑞々しいあの国は、わが子孫が君主として治めるべき国土です。わが孫よ、行って治めなさい。さあ、出発しなさい。皇室の繁栄は、天地とともに永遠に続き、窮まることがありません。」