1.当社の「祈願絵馬」について

基となった絵は、社務所内に飾ってあります風景画でした。
この絵は明治三十余年頃の古くは神明宮、諏訪社と称し、かつては両社とも東京湾に面しており、立会川を挟んで並び祀られてた風景をモチーフにした祈願絵馬です。
そして、絵の左右に赤字で書いてある「祈願絵馬」と「天祖諏訪神社」という文字、実は神主さんが書かれた字なんです!
受けていただく方々に神様の御神徳を感じていただきたいという思いで、普段にも増して気合いを入れて書かれていました。それが当社のオリジナル絵馬となります。どうぞ、絵馬にお礼の気持ちや今後の抱負などを書いて奉納して下さい。

※「絵馬」とは、ご祈願やお礼参りの際に神社に奉納する、絵を描いた板のことです。

2015年10月30日