例大祭ご奉納の御礼

皆様方のご協賛のもと、本年の天祖・諏訪神社例大祭を賑々しく執り行うことができました事、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。皆様方の益々のご多幸を心よりお祈り申し上げます。

平成三十年九月吉日
天祖・諏訪神社 宮司 大野 二良

例大祭のご報告

平成30年9月14日(金) 例大祭  午前11時より斎行致しました。

御本殿にて例大祭神事が古式ゆかしく執り行われ、日頃の感謝と地域の安寧をお祈り致しました。

 

平成30年9月14日(金) 宮出神事 午後11時半より斎行致しました。

 

平成30年9月15日(土) 奉納演芸 午後6時より行われました。

 

平成30年9月16日(日) 間宮社中「里神楽」 午後1時より行われました。

同社中の里神楽は「江戸の里神楽」として国の指定文化財となっています。間宮家は江戸時代の文政二年(1819)に神祗官領長より裁許を受けた間宮出雲正藤原吉隆を租とした神事舞職で、のちに神楽師元締、明治時代には中教院直轄の教導職となって今日に及び、現在は八世朝臣氏が社中を編成しています。同家が伝承する演目は古典もの三十四座、近代もの一座、御伽(おとぎ)もの二座があり、品川、大田、目黒、渋谷、世田谷区内の神社祭礼に出向いて演じています。

 

 

平成29年9月16日(日) 南濱川町会神輿 宮入りがございました。

例大祭限定御朱印につきまして

例大祭を記念し、例大祭限定御朱印の準備をさせていただきましたところ、雨天にも関わらずたくさんのご参拝を賜りましたこと、この場をお借りして御礼申し上げます。
どうぞ、天照大御神様の暖かい神気をいただかれまして、穏やかな日々をお送りくださいますようお祈り申し上げます。