本年は新型コロナウィルス感染症拡大を防ぐ目的から、各町神輿渡御はございません。例大祭当日は宮司以下近隣の神職の手をお借りして例大祭神事を厳粛に執り行い、日々の感謝と氏子崇敬者の安寧をお祈りいたします。

例大祭のご案内

令和3年9月16日(木) 例大祭  午前11時斎行

御本殿にて例大祭神事が古式ゆかしく執り行われ、日頃の感謝と地域の安寧を祈ります。

 

奉納演芸

本年の奉納演芸につきましては、今般の新型コロナウイルス感染拡大防止を考慮し、中止とさせていただきます。

 

令和3年9月19日() 里神楽  午後5時より7時

間宮社中の里神楽は「江戸の里神楽」として国の指定文化財となっています。間宮家は江戸時代の文政二年(1819)に神祗官領長より裁許を受けた間宮出雲正藤原吉隆を租とした神事舞職で、のちに神楽師元締、明治時代には中教院直轄の教導職となって今日に及び、現在は八世朝臣氏が社中を編成しています。
同家が伝承する演目は古典もの三十四座、近代もの一座、御伽(おとぎ)もの二座があり、品川、大田、目黒、渋谷、世田谷区内の神社祭礼に出向いて演じています。

ご奉納のお願い(9月より)

例大祭にあたりまして、ご奉納をお願いしております。

地域の伝統行事であります例大祭が盛大かつ厳粛に斎行されますよう、皆様方のご参拝ご奉賛をお願い申し上げます。ご奉納頂きました方には祈願絵馬(下記写真)を授与しております。どうぞ、例大祭の記念にお受け頂き、様々な願いを込めて絵馬掛け所にお掛け下さい。

 

ご奉納のおかえしについて

初穂料:500円から5,000円未満の方(祈願絵馬)

初穂料:5,000円以上から10,000円未満の方(祈願絵馬・根付守り)

初穂料:10,000円以上の方(祈願絵馬・根付守り・例大祭たおる)

例大祭期間限定御朱印のご案内

例大祭期間限定御朱印は、9月16日(木)から19日(日)までとなります。

例大祭を記念致しまして、例大祭期間限定御朱印をご準備させて頂きます。どうぞ、天照大御神様の暖かい神気をいただきまして、お受けいただければと思います。

例大祭期間限定御朱印のみ、お手持ちの朱印帳などへの朱印の墨書を行います。

 

頒布にあたり、下記の注意事項をおまもり下さい。

※御朱印の受付時間は、午前9時から午後6時までとなります。(例大祭期間のみ)

書き手により字体・スタイルが変わりますので、予めご了承下さい。

混雑時にはお待ちいただく事がございます。

※御朱印はご参拝の記念として受けられるものであり、商品(物)とは違います。受けられた御朱印の転売や、ネットオークションに出品される行為はおやめ下さい。

※御朱印・御守りの郵送、インターネット頒布、取り置き、予約などは行っておりません。

※書置きにつきましては、用意しております枚数が少ないため、ご朱印帳をお持ち下さい。

※下部写真は、平成30年の写真となります。