天祖諏訪神社トップ> 神社の由緒












平成29年の厄年




厄除けとは

八方除とは




【天祖・諏訪神社の由緒】
浜川町と元芝の鎮守の氏神様として仰ぎ親しまれる天祖・諏訪神社。古くは神明宮、諏訪社と称し、かつては両社とも東京湾に面し、立会川を挟んで並び祀られていました。
天祖神社の創建は、建久年間の大井郷之図や来福寺の記録から西暦1100年から1190年頃に遡るとも思われ、諏訪神社は松平土佐守の下屋敷の海岸寄りにあり、江戸時代初期の寛永8年(1631年)以前の創建と思われる。両社は昭和40年に合祀され天祖・諏訪神社と称されるようになった。
御祭神:天照大御神(あまてらすおおみかみ)
御神徳:皇室の御祖先神にて太陽の神として崇められています。
御祭神:豊受大神(とようけのおおかみ)
御神徳:天照大御神の御食事を司る神。食物神。
御祭神:建御名方刀美神(たけみなかたとみのかみ)
別神名:建御名方神(たけみなかたのかみ)
御神徳:天孫降臨に際し、高天原から派遣された建御雷神と力競べをした後、国譲りを約束した神。
御祭神:小碓命(おうすのみこと)
御神徳:日本武尊(やまとたけるのみこと)の別名。熊襲・蝦夷平定の為に活躍した。
厳島神社 境内末社
稲荷神社 境内末社
 
 
天祖・諏訪神社の御神域
都会の慌しい環境から一歩足を踏み入れると、そこは天照大御神様の暖かい神気が満ち満ちた場所となります。暖かい日差しが本殿を照らし、とても清清しい気持ちになります。
また、境内には厳島神社(弁天様)をお祀りしており、その周りの池には大きな鯉が悠然と泳いでいますので、お近くにお越しの際には、どうぞご参拝下さいませ。

※御神域(ごしんいき)とは、神社の境内または神が宿る場所のことです。
※神気(しんき)とは、神様の気のことです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
↑このページのトップに戻る
宗教法人 天祖・諏訪神社
〒140-0013 東京都品川区南大井1-4-1 Tel:03-3765-2061